暦について

暦について

暦とは組織したもの、1年、月、1週、そして、それを数えるために、日のような単位に、時間の通過を適用しました。
そのうえ、年鑑(方法論(カレンダーの支配)と憲法のそれをリストしたカレンダー・チャート(日本のいわゆる「カレンダー」))を、指さします。
さらに、毎日ごと、そこで割り当てられて、月(天体にたびたび訪れる(日の出、日暮れ、月の月の入りの様子、時間)時間)目で浮き沈み(上下の流れ)の時間のような予測値を書きとめて、イベント(日の善悪運(カレンダーの通知))の下で書いたものを含めます。
それ(いわゆるAnd日本人がさらにまた、カレンダー(カレンダー)の支配を暦に記す(カレンダー)ということを1カレンダーにつき1日(カレンダー、カレンダー)記録するもの)を再分割する。
つまり、方法論は、ものによる生命カレンダー(年鑑)です。
そのうえ、どれ、イベントと運勢判断となります。
あるいは、日々天文現象のために日、そして、予想、より12のhorary年法(すなわち、西暦紀元)で丸い天文現象Includingの天体、日本のカレンダー(カレンダー時代)の軌道を記述しているものによる天文カレンダー(れき、天体暦)を記述します)

おもしろカレンダー

新しいカレンダー