グレゴリオ暦

グレゴリオ暦

現在世界のすべての国で広く使われる太陽暦の1つであるのは、グレゴリオ暦です。
日本のグレゴリオ暦の前に使われるカレンダーの原則は、太陽太陰カレンダーでした。
前Karyakuからノブアキ・カレンダーまで中国のカレンダーを輸入して、それを使いました。
5つの漢カレンダー伝記は、これを意味します。
ジョウキョウ・カレンダーから典宝時代カレンダーまで、それは、日本の手によって製作されるカレンダーの支配です。
それが中国のカレンダーが日本のそばに運ばれたということであるときわかりません。
しかし、キンメイ天皇のために14年に賛成の(553年)クダラのために「日本の日本クロニクル」でカレンダー・アナライザーの北朝鮮への訪問を要求します。
そして、その翌年2月に来た冠詞があります。
そして、遅くとも6世紀に送られたと思われます。
最近のクダラで実施される暦の原則が前Karyakuであるので、カレンダーがこの時に伝えたかどうかは前Karyakuであると仮定されます。
そのうえ、学僧観勒は推古天皇のために10年に賛成の(602年)クダラからカレンダー本と天文学地理学本で日本を訪問します。
そして、一部の子供たちその他がこの観勒について勉強したとき、それがあります。
それが正式に採用されたということであるとき、官暦はいろいろな意見を含みます。
推古天皇のために初めて平安で時代を12年編集される(604年)「政府事概要」と呼ばれている本に、カレンダーを配布したと書かれます。

おもしろカレンダー

新しいカレンダー